外づけブラインド

外付けブラインド

夏の太陽光対策、それが外付けブラインド

夏に太陽の光が室内に入ると暑くなる。日本人は昔からこのことをよく知っています。
だから南や西側の窓にはすだれやよしずを立てかけて、室内が暑くなりすぎないように工夫してきました。
室内のブラインドやカーテンで遮っても、そのブラインドやカーテンそのものが太陽で暖められて、熱を発生させてしまいます。
エアコンで室温を下げながら、窓際でどんどん熱を発生させていてはとても非効率。
気温がさがるまでいつまでもエアコンを動かしていなければいけません。
つまり太陽の光は窓のそとで遮るのが一番効果的なのです。


夏を涼しく

断熱・遮熱対策が一番大切なのは窓

このところ、冬暖かく夏涼しい家にするために「高断熱」とか「外張り断熱」といった「断熱」という言葉をよく目にします。これは室内の温度が外気温に左右されにくい建物にすることで、エネルギーロスを減らし、より少ないエネルギーで室温を快適に保とうとすることです。でも?建物のいろんな部分の中で、断熱の一番の弱点は実は窓なのです。
だから建物の省エネ化を図るなら窓が一番大切なポイントなのです。


夏の冷房時に71%の熱エネルギーが窓から室内に流入します。ガラスを通して直射日光が差し込み室温はどんどん上昇します。



▲このページのTOPに戻る